お電話でのお問い合わせ
075-353-7855
(平日 10:00〜18:00受付)

CMSお役立ち情報!

2018.10.04

Webフォントを利用するには?

2018年8月8日の新機能アップでは、フォントを設定することができる新モジュールがリリースされました。
→新モジュール「フォントモジュール」をリリースフォント設定

Webフォントって何?Webフォントのメリットは?など、フォントを利用する上で知っておきたいポイントとあわせてご紹介いたします。

フォントによる違い

Webサイトの「文字」は、情報を伝えるインターフェースです。
しかし、同じ「文字」の情報でも、フォントが異なるとどうでしょうか?

例えば、実際に同じ文字列をフォントを変えてみると、下記のようになります。フォントが異なるだけで、強い印象、優しい印象など、伝わる印象は異なってきます。また、見やすさ、読みやすさ、といった「文字」にとって重要な役割である機能面でも、フォントによって大きく左右されます。

実際に、「MS Pゴシック」「メイリオ」「MS P明朝」を指定した場合、下記のように印象が異なります。

見出し

本文

ウェブサイトのフォント

ウェブサイトを表示する際に使用するフォントは、一般的には下記のようにCSSの定義によって、指定することができます。

  • CSSの記述例
    font-family: "メイリオ", Meiryo, "MS Pゴシック", "MS PGothic";

デバイスフォント

指定されているフォントは、閲覧者の端末(PCやスマートフォン)にインストールされているフォント=「デバイスフォント」を使用して表示されますが、端末側に対象のフォントがインストールされていない場合、異なるフォントで表示されることになります。
例えば、上記のCSSの記述例のように「メイリオ」「MS Pゴシック」を指定した場合、Windows端末では意図したフォントで表示されますが、MacOSやiPhoneなどでは対応するフォントが無いため、下記左図のように異なるフォントで表示されることになります。

フォントは、OSやバージョンによっても異なりますので、フォントを指定する際には注意をしなければなりません。

Windows7のChrome(開発モード)で確認した場合

指定したフォントで表示されます。

Androidで確認した場合

指定したフォント以外のデバイスフォントで表示されます。

Webフォント

では、Webフォントはどうでしょうか。

Webフォントは、フォントファイルがインターネット経由で提供されるサービスです。フォントが端末にインストールされる必要がないため、ウェブサイトで指定したWebフォントのまま、閲覧者の端末に表示することができます。
例えば、Google Fontsより提供されている日本語に対応した「Kosugi Maru」「Noto Sans JP」「Noto Serif JP」を指定して確認すると、下図のように、端末に関わらず同じフォントで表示できることが確認できます。

Windows7のChrome(開発モード)で確認した場合

指定したフォントで表示されます。

Androidで確認した場合

指定したフォントで表示されます。

Webフォントを利用する

Webフォントを利用する前に、メリット・デメリットを確認しましょう。

Webフォントのメリット・デメリット

メリット
  • 端末に関わらず同じフォントで表示が可能。
  • フォントを含めて画像化している制作作業を、Webフォントでテキスト化することが可能。
  • 画像をテキストに変更することで、編集が容易、アクセシビリティやSEO的にも優位。
デメリット
  • 費用が生じる場合がある(有料サービスの場合)。
  • フォントファイルの読み込みに時間がかかる場合があり、ページの表示速度に影響がある。
    ※Webフォントを使用する箇所が多い場合(Body全体にWebフォントを使用する場合など)は、制作時にPC、スマートフォンで表示速度を確認しましょう。

次に、上記のWebフォントのメリット・デメリットも考慮した上で、Webフォントを利用するべきかどうか検討しましょう。Webフォントを利用する場合、Webフォントサービスを利用する方法が一般的ですが、CMS ant2ではフォントモジュールを設定して利用することができます。

Webフォントサービスを利用する

Webフォントサービスには、Google Fontsのように無料で提供されるサービスもありますが、モリサワが提供する「TypeSquare」やAdobe Systemsが提供する「Adobe Typekit」のように、提供内容によって有償となるサービスもあります。Webフォントサービスを利用する場合は、どんなフォントが利用できるのか、費用がかかるかどうか、商用利用は可能か、日本語に対応しているかなど、予め提供されるサービス内容も合わせてご確認の上、ご検討ください。
利用方法につきましては、各Webフォントサービスサイトをご確認の上、ご対応ください。

CMS活用:フォントモジュールを利用する

CMS ant2では、フォントモジュールにより、サイトロゴ、サイト全体、見出し(H1~H6)、メニューを指定して、Googleフォント(Google Fonts、Google Fonts 日本語)を設定することができるようになりました。
→新モジュール「フォントモジュール」をリリースフォント設定

弊社提供の既存デザインテンプレートにつきましては、そのデザインに合うようにフォントを指定しておりますが、「H1の見出しはWebフォントを利用したいな」「メニューはWebフォントで少し個性を出したい」などのご希望にもお応えできるように、簡単に設定を行うことができます。

操作マニュアルの設定をご確認いただき、ぜひフォントモジュールをご活用ください。
→操作マニュアル「フォント設定」

実装事例

サイトロゴ・H1・メインメニューをGoogle Web Fontsの「Kosugi Maru」に設定しました。
PCの表示(上図:左上ロゴ、メインビジュアル上のH1、上部メニュー)、およびスマートフォンの表示(下左図:メインビジュアル上のロゴとH1、下右図:ハンバーガーメニュータップ後のメニュー)をご確認ください。

※サイト全体で使用するフォントは、サイト内に複数フォントを使用することで、統一感がない印象を受けてしまうこともあります。サイト内のフォントは2種類程度が理想的です。

■PC

■スマートフォン(サイトロゴ・H1)

■スマートフォン(メインメニュー)

  1. ホーム
  2. CMSお役立ち情報!
  3. Webフォントを利用するには?

PAGE TOP