お電話でのお問い合わせ075-353-7855

CMSお役立ち情報!

2021.12.08

『hタグについて』

こんにちは。
アントアントのメルマガ担当です。
いつもメールマガジン「ここだけは知っておきたい編」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は今や当たり前のように使用されている「hタグ」についてご紹介します。

hタグとは
そもそもhタグとは何か、なんとなくで使用している方もいるかもしれません。
hタグとは、WEBサイトに訪問したユーザーやGoogleなどの検索エンジンに対してページの中の重要な文章を伝えるためにHTMLでマークアップを行う「見出しタグ」のことを指します。

見出しタグは<h1>から<h6>まであり、HTMLの表記としては下記のようになります。

HTML表記
※ant2 CMSでの表記となります

<h1>タイトル見出し1</h1>
<h2>タイトル見出し2</h2>
<h3>タイトル見出し3</h3>
<h4>タイトル見出し4</h4>
<h5>タイトル見出し5</h5>
<h6>タイトル見出し6</h6>

hタグの使用について
Googleは下記のようにhタグを使用することを推奨しています。

概要を書く場合を想像する

長い論文の概要を書く場合と同様に、ページ上のコンテンツの主要なポイントと下位のポイントは何かを検討し、それに応じてどこに見出しを使用するか決定します。

Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドより

ページ全体で控えめに見出しを使用する

見出しタグは意味のある場所で使用してください。ページ上の見出しが多すぎると、ユーザーがコンテンツを読みにくくなり、1 つのトピックがどこで終了して次のトピックがどこから始まっているのか判断しにくくなります。

Google検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドより

つまり、ページの中で重要なポイントを検討したうえでユーザーによりわかりやすいように
hタグを設定する必要があり、乱用することは推奨していないということになります。

タグの種類について

hタグには6種類ありますが、実際にant2 CMSを利用してタグを入れた場合の見え方はこのようになります。※サイトデザインによって装飾は異なります

ant2 CMSでのhタグの表示

タグを使う順番

基本的にhタグはh1のタグから使用します。

h1が一番重要な「大見出し」となり、h2が「中見出し」、h3が「小見出し」となりコンテンツの階層構造が作成されます。

そのため、階層構造を作成する上ではタグの順番を守って使用することが好ましいといわれています。

★ポイント★

  • 文字装飾や過度なレイアウト調整のために使用しない
  • デザインの都合などで強調したい場合はタグを使用せず装飾するようにする

hタグのSEO対策について

hタグはユーザーと検索エンジンに対してページの中の重要な文章を伝えるためにマークアップを行うタグのため、
検索エンジンはページの内容を読み込む際に「hタグ」の要素を重要視しているといわれています。

hタグの中でも「h1タグ」はページ内のコンテンツの「見出し」の最も高い階層にあります。
そのため、検索エンジンのページ読み込み時には他のhタグよりも「h1タグ」をより重要として評価を行うとされています。

★hタグを使用する上での注意点★

  • h1タグは基本的に1ページに対して複数設定しない
    先述しているようにh1タグはページの中で最も重要な役割を持っていることと
    ページ内のコンテンツをわかりやすく伝えるためのタグであるのにも関わらず複数設定となると
    構造的にわかりにくくなるため複数設定すると好ましくないとされています。
    ※h1タグの設置はなるべくページの上部に設定したほうが良いとされています。
  • タグ内の文字数は長すぎず、短すぎないようにする
    Googleではhタグの文字数について長すぎるとよくないとしています。
ant2 CMSでのhタグの挿入方法

ant2 CMSでは下記の3通りの方法でhタグを挿入することができます。

コンテンツパーツからhタグパーツを挿入

1.コンテンツパーツの挿入ダイアログから挿入することができます。

★コンテンツパーツの【タイトル】にチェックをいれるとh1~h6がメインに入っているコンテンツパーツが表示されます。

ant2 CMSで利用できるhタグパーツ

ant2 CMSで利用できるhタグパーツ

2.実際の見え方

※ログイン画面ではコンテンツパーツで挿入した場合はカーソルをパーツの上に置くとオレンジの枠線が表示されます。

hタグパーツを挿入した場合の見え方

フルエディタ編集でhタグを挿入

コンテンツパーツではなく勿論HTMLで挿入することも可能です。

1.挿入したいページで右クリック>ショートカットメニューから[フルエディタ編集]を選択

フルエディタからhタグ挿入
2.フルエディタ編集が開くので画面左上の[ソース]をクリック

ツールバーからソースをクリニック

3.[ソース]からタグを入力→保存

※今回はメルマガ用に不要なテキストを削除しています。

ソース入力画面でコードを入力

4.実際の見え方
※ソースからタグを挿入した場合はログイン画面で表示されるコンテンツパーツのオレンジの枠線は表示されません。フルエディタからhタグを挿入した場合の見え方

フルエディタ編集でhタグを挿入(フォーマットから編集)

1.挿入したいページで右クリック>ショートカットメニューから[フルエディタ編集]を選択

フルエディタからhタグ挿入

2.フルエディタ編集が開くのでhタグを追加したいテキスト範囲指定し、
画面中央付近の[フォーマット]から見出し1~6を選択
 
フォーマットからhタグを選択
 
3.実際の見え方
範囲指定したテキストのみにh1タグが設定されています。
 
フォーマットからhタグを設定したテキストの見え方

今回はhタグについてご紹介しました。

hタグを設定することによりページ内のコンテンツをよりユーザー・検索エンジンにわかりやすくすることができるため
今までh1タグしか使用していなかった、逆に他のタグばかりを使用していたなどがある場合には
是非、簡単に設定することができるのでお試しください。