お電話でのお問い合わせ
075-353-7855
(平日 10:00〜18:00受付)

CMSお役立ち情報!

2018.04.25

SEOの重要なポイント - SEOをアシストする『極SEO』リリース

いつも「CMSお役立情報!」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

膨大なサイトの情報の中から、自分が知りたい・探している情報を見つけるためには、検索エンジンは欠かせないツールです!
サイト運営者にとっては、運営するサイトがターゲットユーザーの目に留まるかどうかが重要であり、検索エンジンの検索結果で上位に表示されるかどうかがポイントになってまりいます。

そのためにも、効果的なキーワードを選定して、SEO=検索エンジン最適化を行っていくことが重要です。

SEOにとってキーワード選びが重要

SEOには、キーワード選びがとっても重要です。対策するページにとって、効果的なキーワードかどうか、しっかり吟味しなければなりません。

候補のキーワードはどのくらいの検索ボリュームがありますか?

検索ボリュームが大きいキーワードは、人気のあるキーワードです。人気のあるキーワードほどライバルサイトも多くなるため、上位化が難しい場合があります。反対に、検索ボリュームが小さいキーワードは、ライバルサイトが少なく、上位化を狙いやすいと考えられますが、その分、ターゲットユーザーの目に留まる確立も低くなります。

上位検索される競合サイトはどんなサイトですか?

候補のキーワードの上位サイトは、これから対策を行っていく自身の運営サイトのライバルとなります。ライバルが強豪の場合は、匹敵するほどに対策を実施しなければなりません。ライバルとなる競合サイトが、自身のサイトと比較して検索エンジンに好まれやすい条件を満たした「強いサイト」が多いかどうかどうか、競合サイトを知ることも重要になります。

サイト全体の対策を行うためには、ページ毎に効果的なキーワードを選定して、サイト内全てのページを最適化することも重要となります。検索ボリュームやライバルとなる競合サイトを分析し、対策の難易度も考慮しながら効果的なキーワードを選定しましょう。

SEOチューニング

検索エンジンは、「検索利用者」が必要としている情報が検索結果として提供できるよう、検索エンジンのアルゴリズムの常に改良を続けています。運営するサイトのSEOは、改良を繰り返す検索エンジンのアルゴリズムを知り、検索エンジンに好まれるサイトとなるように更新を行う=最適化していくことが求められます。

Googleの検索エンジンも独自のアルゴリズムにより、サイト内のコンテンツを判断し、キーワードでの検索ランキング判定を行っています。検索ランキングに影響する内部要因は何か、どのように対策するれば上位化できるか、といったアルゴリズムは公開されているわけではありません。上位サイトの傾向を基にした解析情報では、下記のような内部要因を目安となる状態に対策することがSEOの一歩になります。
ただし、この内部要因は今後も変化し、目安となる状態も変動することを考慮する必要がありますので、注意が必要です。

内部要因の一例
  • タイトルタグの文字数・キーワード数
    【目安】文字数:30~50文字程度、キーワード数:各1個
  • H1タグの個数・キーワード数
    【目安】個数:1個、キーワード数:各1~2個
  • 画像のalt属性の記述の有無
    【目安】記述の有無:必要
  • body内の文字数
    【目安】5000文字以上

SEOをアシストする『極SEO』

上記からもお分かりいただけるように、常に改良をし続けるGoogle検索エンジンのアルゴリズムを分析し、SEOチューニングを行うことは、プロレベルのSEOに関する知識や最新のアルゴリズムの解析する時間も労力も費用も必要となります。

SEOにとって重要なキーワード選定や専門的な知識を必要とするSEOチューニングを簡単に実施できるのが、クラウド型CMSとSEOツールを合体した『極SEO』です。

『極SEO』は、Google検索エンジンの上位10位以内に表示される約20万サイトのデータを日々解析しており、SEOをトータルアシストするツールになります。さらに、CMSに連携することで、常に最新のデータに裏付けられた『極SEO』独自の高精度のアドバイスを直接サイトに照らし合わせて表示することを可能にし、CMSの強みを活かしたチューニングを行うことで、プロレベルのSEOの実現をサポートします。

極SEO

近日リリースとなる『極SEO』について、詳細につきましては、下記のリンクよりご確認ください。
→極SEOについて詳しくはこちら

  1. ホーム
  2. CMSお役立ち情報!
  3. SEOの重要なポイント - SEOをアシストする『極SEO』リリース

PAGE TOP